« 『染めの着物に染めの帯』  秋の新作展に出品 | トップページ | 亀甲絣に柳崇さんの帯  »

2018年10月 8日 (月)

今の時代の御所解文様

Img_8966hp

なか志まや秋冬新作展 
10月19日(金)~26日(金) 12時~19時 なか志まやにて

着物 御所解文様附下・松竹梅
袋帯 北村武資 経錦 蔓花華紋

完成された世界観を持つ御所解文様は、和装になると呉服調が強く出たものが多く、現代の衣装としては面白味に欠ける場合が多いのですが、小阪さんが染めるとモダンさが出て来ますね。友禅も刺繍も全てが絶妙な処をついていて、今の衣装として通用する古典柄になっていると思います。

附下として文様は染められていますが、従来の無地場にも小紋調に柄が飛ばしてあり、さらりとした印象の中に可愛さがあります。地色の透明感と、枯れた青藍灰の配色に品格を感じる附下です。

箔を使わなくても、糸質と織りの上質感が出る帯を合わせて、静かな友禅の世界観に沿わせたいですね。

|

« 『染めの着物に染めの帯』  秋の新作展に出品 | トップページ | 亀甲絣に柳崇さんの帯  »

新作着尺・帯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今の時代の御所解文様:

« 『染めの着物に染めの帯』  秋の新作展に出品 | トップページ | 亀甲絣に柳崇さんの帯  »