« なか志まや新作展はじまりました! | トップページ | 白い着物のセイ »

2018年10月19日 (金)

ドレッシーなものと、カジュアルなもの

Img_9033hp

着物 勝山健史 綺芙織
帯  横内佳代子 刺し子織

光沢系絹織物を代表する勝山健史さんの綺芙織に刺し子織の帯を合わせてみました。
民芸の刺し子とは趣きが変わり、少しドレッシーに。

経てシケ引きのような綺芙織は、錦の帯を合わせたときより少しカジュアルに。上質感を保ちつつ活動的な装いです。勝山さんの綺芙織は長野駒ケ根の塩蔵繭より、横内さんは長野松本で座繰り糸、玉糸の草木染め。

なか志まや秋冬新作展 
10月19日(金)~26日(金) 
なか志まやにて 12時~19時

|

« なか志まや新作展はじまりました! | トップページ | 白い着物のセイ »

新作着尺・帯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドレッシーなものと、カジュアルなもの:

« なか志まや新作展はじまりました! | トップページ | 白い着物のセイ »