« 地機結城縮みに勝山健史さんの夏帯 | トップページ | 柳崇さんの夏帯、夏大島紬の小格子 »

2018年4月 5日 (木)

26年ぶり、辻が花染めの夏帯 

Img_8141hp

辻が花の夏帯です。
着物は志賀松和子さんの生絹(経緯共に生繭挽き生絹使い)の綾織(志賀松オリジナル)。着物は単衣仕立てにして、この帯を締めて春単衣という装いです。

呉服屋修業時代は一竹辻が花が全盛でした。独立してからは一度も辻が花染めのものを仕入れしたことはありません。26年ぶりの辻が花染めがなか志まやにやってきました。13日(金)から、代官山での東京三人展に出品します。

なか志まや・一衣舎・こまもの玖 東京三人展
4月13日(金)から16日(月)4日間
代官山ヒルサイドテラスE棟ロビーにて
11:00~19:00(最終日は17:00まで)
東京都渋谷区猿楽町29-18ヒルサイドテラスE棟

|

« 地機結城縮みに勝山健史さんの夏帯 | トップページ | 柳崇さんの夏帯、夏大島紬の小格子 »

新作着尺・帯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 26年ぶり、辻が花染めの夏帯 :

« 地機結城縮みに勝山健史さんの夏帯 | トップページ | 柳崇さんの夏帯、夏大島紬の小格子 »