« 夏・真っ直中・・・勝山健史さん夏帯 | トップページ | 『祈り』 彫刻家 岸野 承さんの作品 »

2016年8月12日 (金)

胴裏と八掛・色のトーン

Img_3926

お洒落着の時、袖の振りから見える裏地の色が、蛍光的な白色の胴裏だけというセレクトだと、せっかくの誂えなのに少しつまらないかなと思い、積極的に胴裏も無地の別染めを提案しております。勿論、白の胴裏でなければならない時もありますし、あくまで個人個人の好みです。

斜め後ろから着姿を眺めると、着物の表生地、帯、帯揚、帯締、長襦袢などの様々色目が目に入ります。袖の中に白だけでなく、少し色目を足すという楽しみ、また脱いでハンガーに掛けた時、胴裏と八掛の色のツートンの繋がりが、自分だけの誂え感を感じていただけるのではと思うからです。

着物は勝山健史さんの綺芙織。
画像は、左から表生地、胴裏、八掛の順になっています。

八掛は、表生地の共薄色を基本に考える事が多く、今回の胴裏も単体で見ると同じような淡いグレーの色ですが、こうして並べると少し胴裏の方に紫味を感じるように染めてあります。


|

« 夏・真っ直中・・・勝山健史さん夏帯 | トップページ | 『祈り』 彫刻家 岸野 承さんの作品 »

誂え・別染め・サンプル等」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胴裏と八掛・色のトーン:

« 夏・真っ直中・・・勝山健史さん夏帯 | トップページ | 『祈り』 彫刻家 岸野 承さんの作品 »