« 最高級の伊達締 | トップページ | 格子のシケ引きの着物と有職織 »

2013年9月28日 (土)

西川晴恵さんの八寸名古屋帯「筏月」

2


おはるさんの新作帯が入荷しています。
経糸・緯糸共にいらくさ(アロー)。写真では見え難いですが、銀糸も入っています。染めは琉球藍です

木綿や紬の着物にとても合う帯なのですが、いらくさに銀糸を巻き付けた緯糸が隠し味になっているので、あえて綺麗な染めの小紋に乗せてみました。この雰囲気からすると、なか志まやが得意とする先染め先練りの絹織物との相性はよいはずです。

織り上がりを拝見した時、『砧打ちしてみる?』と提案して、おはるさんにやって頂きました。よけいに艶やかさが増したように思います。茶系の着物にも相性がいいでしょう。

通年を通して締めて頂ける帯だと思いますので、これから秋冬に向けた着物との取り合わせを考えて行きます。

|

« 最高級の伊達締 | トップページ | 格子のシケ引きの着物と有職織 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262867/53416970

この記事へのトラックバック一覧です: 西川晴恵さんの八寸名古屋帯「筏月」:

« 最高級の伊達締 | トップページ | 格子のシケ引きの着物と有職織 »