« ルーシー・リーと阪口鶴代 | トップページ | 更紗の絵羽図案 »

2010年11月19日 (金)

2010 冬 なか志まや 新作展

2010dm

なか志まや 新作展


これまで、先染めの着物や帯を扱う時は
引き算をした考え方をしてきました。
糸を先に染めて織り上がるものに求めていたのは
今でも、透明感とでもいうような端正な織物、
純度の高い混ざり気のない出来上がりを模索しています。
また、今年の夏から後染めの着物と帯に積極的に取組んで
来て、そこでは足し算をした考えを学んでいます。                      様々な染料と技法を駆使しながら
幾度も染めを重ね、生地の風合いを視覚化するという
今まで見た事も前例もない、全く新しいアプローチの布です。
工芸という文脈ではなく、あくまで日常で着て頂く呉服としての
染めと織りを、なか志まやの感覚で創り、そして選んでおります。
是非、ご高覧の程を。

             なか志まや 中島 寛治

12月4日(土)~12月12日(日)
  12:00~19;00
   なか志まや にて

出品

西陣お召着尺
洛風林・勝山健史 帯
Foglia 仁平幸春 着物 帯
京正 附下(紬)
民谷織物・竹箔帯
唐長 長襦袢(南蛮七宝)
楷可園・児島有子 草木染帯締

他、厳選した着物、帯、小物を出展致します

画像は出品の中より


『月』 仁平幸春

今、まさに三段階に色が変化していきます。
渋木とログウッドの鉄媒染。出来上がりは墨黒に。
月の柄はロウで。さてどんな月の帯が現れるでしょうか。

『靄・もや』 仁平幸春

茜の鉄媒染、全面ロウムラ加工をした着物です。
白生地の時に観えなかったものを視覚化し、陶器の
ような味わいをもたせたもの。13の染めの行程を
2度繰り返して染めています。

|

« ルーシー・リーと阪口鶴代 | トップページ | 更紗の絵羽図案 »

展示会のお知らせ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010 冬 なか志まや 新作展:

« ルーシー・リーと阪口鶴代 | トップページ | 更紗の絵羽図案 »